母の友人が同じ屋根の下にいるだけで興奮をガマンできず自慰に耽るのだが、不覚にもその姿を見られてしまう。しかし「自分もしている事」と受け入れ、かなこは口づけを重ねてきた加瀬かなこ